俺多分ドラマの主人公

大瀬戸バカ日記

大学1年生大瀬戸。日々、書く。色々。よろしく。

キラキラ大学生という若者の虚なる理想

大学に入り、早二ヶ月が経過しました。新天地における新鮮味や浮足立つような感覚は平静に着地し、「いつもと変わらぬ日々」の始まりを感じます。

朝起きて大学に行き、講義を受け、講義終わりにサークルやバイト、趣味に時間を使う。それぞれが、自由に自分を生きる。たまに朝起きるのミスるけど。

 

 

そんなこの季節、僕は学校からの帰り、電車に揺らされながらいつもと同じようにインスタのストーリーをぼんやりと見ていました。すると高校の友達のアカウントからこんな投稿が。

 

 

 

「深夜ドライブ〜マジ楽しいんだけど笑笑」

 

 

 

「そのまま飲み!たのし爆笑」

 

 

 

「まじこのサークルメンツ濃すぎん?」

 

 

 

画像はさすがに貼れませんが、投稿された文章はこのまんまです。もうこの記事において未成年飲酒がどうだとかそういう話はしません。でもお酒は20歳になってから

 

 

まぁ彼を知らない立場から見ると平均的な飲みサー大学生なのですが、この彼は高校時代割と大人しい性格だったのです。体育祭などはまぁほどほどに楽しみ、騒いだりはしない。彼の変わりぶりに僕を含めた高校の友達は驚きを隠せず「あいつどうした?」などと話したりしていました。

 

 

大学に入って人が変わったように飲んで飲んで遊んでを繰り返すやつがいるとはインターネットや先輩の話で聞いていましたが、まさか自分の友達から出るとは。

 

 

 

 

 

彼に大学デビューだ何だと因縁を付ける気は全くありません。

別に大学に入って自分の殻を破ってみるのは良いことだと思いますし、そこに対して他人である僕がどうこう言う権利など最初からありゃしません。

 

 

 

ただ。僕が考えたのは「なんで大学1年生は背伸びしてまで飲みサーに入るんだろう」という疑問です。もう少し主語を大きくしてみると、「なんで大学生には背伸びして飲みサーに入るやつが多いんだろう」です。

 

 

当人たちは何も考えていなかったりするのかもしれません。でも、意識的に考えていないだけであって彼らは無意識下で一つの虚像に囚われていることだってあると思います。その虚像こそ、「キラキラ大学生」

 

 

 

キラキラ大学生と聞いて何を思い浮かべますか。おそらく大半の方々が「派手に飲み会をして毎週どんちゃん騒ぎをしている大学生」を頭に浮かべることと思います。他には彼女の誕生日にクソ高いネックレスあげたりサークルの友達の誕生日会でリムジン貸し切ってシャンパン空けまくったり。「チャラそう」などと避けられているようでその実多くの大学生の憧れの的になっている。

 

 

 

僕は友達と上のようなガチキラキラハイパーアルコールサークルの新歓に行ったことがあるのですが、意外にも同じく来ていた1年生はそこまでキラキラではないと言うか、失礼ながらキラキラに憧れているのかなぁと感じてしまう人が多かったのをよく覚えています。ただまぁ大学1年のくせに同学年に覚えたてであろうコールを飛ばしてくるのは大分ムカつきました。コークハイに扮した麦茶飲んで事なきを得ましたが。

 

 

 

それはさておき、そのキラキラ大学生という虚なる理想に多くの大学生が飲み込まれていっている理由、憧れ以外では大学の自由度の高さが挙げられます。

大学生は自由です。自由ですが、日本に存在する大学生のほとんどはその自由を使いこなせるほど世界を知りません。僕だってそうです。時間があるからといってとりあえず大学入学とともにブログを始めて二ヶ月が経過しましたが、まだまだ分かりません。他にも僕はプログラミングや楽器などにも手を出して色々やってみていますがよく分かりません。

 

 

 

そう、分からない。分からないからこそ、大学生は「分かりやすい」飲みサーに行きます。どこが光っているのかすぐ分かる。自分が何をしていて、どこがどうなっていて、周りに自分をどう見せるかが分かりやすい。

 

 

入学時点で「特にやりたいこともないけど充実させたいなぁ」と思っている人ほど飲みサーに行く。簡単だから。酒を持って、友達と飲んで騒いでそれをインスタのストーリーに乗っけるだけ。分かりやすくて、"キラキラ"してる。

 

 

 

自由を与えられてから一番初めにすべきことは考えることです。何がしたくて、何をやっている時の自分が一番綺麗で、とか。

 

 

 

でもそれって難しい。だからみんな安易にキラキラを目指す。否定はしませんが僕はひねくれているので「その時間に何かできんじゃね?」とか考えちゃいます。

 

 

 

一例を挙げるとしたら、僕は

 


ブログとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆   ★   ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はブログを書き続けます。分からないなりに。

 

 

 

そうしたら、分からないものに意味を与えられる日が来るかな、とか思いながら。