俺多分ドラマの主人公

大瀬戸日舎(にっしゃ)

大学1年生。大瀬戸。このブログを読めば心がちょっとドラマチックになる。

人間関係におけるポジショニングのススメ

 


そんなに性格が良くないのに性格が良いと言われていたり、そんなにイケメンじゃない奴が何をしてもイケメン扱いされる状況が、現実世界には多々ある。それだけ人間関係においては「性格良いキャラ」「イケメンキャラ」を支えるポジショニングがかなり大事ということなのだ。

 

 

 

 

 

しかもこのポジションは一度定着すると中々に消えない。女の子の中で自分が「友達フォルダ」に入ってしまうと「恋愛対象フォルダ」に移動するのが極めて困難なように。

 

 

 

 

いじられキャラに入った奴がいきなり他人に辛辣ないじりをかけると場の空気が

 

 

「は?(お前自分の身分わきまえて物を言えよ)」

 

 

となったりする。この世界はかくも生きづらい。

 

 

 

 

 

 

 

じゃあどうすればいいか。もう簡単。

自分もうまい具合にポジショニングしてしまえばいい。レッツゴー。

 

 

 

 

 

 

 

キャラとポジショニング

 

 

 

まずあなたのなりたいキャラは何だろうか。面白いキャラか、クールキャラ、はたまた変態キャラか。まぁキャラなんか色々ある。

 

 

 

 

 

 

実はこう書いたがなりたいキャラなど、この際どうでもいい

 

 

 

 

 

一番最初は集団においていかにナメられないポジションにつけるかが大事なのだ。まずは上位に自分の箱を置く。入れたい荷物(キャラ)はその後に入れる。

 

 

 

 

大学デビューがことごとく失敗するのはこの「箱置き」を無視してとりあえず荷物を投げ込めばなんとかなると思っているから。彼らの大方はいわゆるスクールカーストにおいて中の下〜下の中にいた人間であるため、上手く上に陣取る人間の戦略を知らずに自分のやり方でキャラを取りに行こうとする。そういうとこだぞ。

 

 

 

 

デビューをするなら戦略ちゃんと立てないと確定でミスる。あと俺は大学デビュー自体をディスってる訳じゃない。どうせやるならガッツリイケてるキャラを取りに行くほうが得なんだからそこは頑張ったほうが良いって話

 

 

 

 

 

中学高校でも最初の自己紹介でヤバいウケ狙いをする奴は序盤警戒されてたじゃないですか。上手い奴は自己紹介や最初の会話(馴れ合い)ではそれなりに普通の立ち振舞いをして、なおかつポジショニング(箱置き)を行う。そして箱が置かれたと自分で認識したタイミングで自分のキャラを出していく。

 

 

 

 

思い出してみて下さい。一年生の時のクラスの中心人物って、よほど知り合いが多くない限り最初からガチ中心にいたわけじゃないでしょ。でも気づいたら中心にいたでしょ。そういうこと。

 

 

 

 

じゃあそのポジショニングってのはどうしたらいいんだよ?っていう話なんだけど、こっちの方が人によっては簡単。

 

 

 

 

自信満々に振る舞えばいいだけ

 

 

 

 

もうそれは自信満々に。戦国武将のごとく喋ればいい。

まぁもちろん限度あるけどね、他人けなしたりするとただ嫌な奴になるし。

 

 

 

別に自分に真に自信が無くてもいい。自信のあるフリができればそれで十分。とにかく相手に「こいつ自信あるんだな」って思わせられればもうこっちのもん。

 

 

 

「こいつをぞんざいに扱うのはマズいな」「こいつ怒らせたらヤバいかもな」という感情をとにかく相手に植え付ける。とはいえ相手より上であることを無理にアピールする必要はない。それはかえって裏目に出がちだから。

 

 

大事なのは「少なくともこいつは下ではないな」というイメージを与えること。前述の感情は自分より下と判断した人間に対しては決して湧かない。

 

 

 

 

 

具体的な行動で言えば

 

・会話する時は適切に相手と目を合わせる

 

・目はわざとらしくないように見開いて目力を意識する

 

・キョドらない

 

・気持ちゆっくりめに低い声で話す

 

・安易に自虐に走らない

 

・ムカつくことを言われたらちゃんとマジにキレる

 

ことなどがまずすべきこと。これを守っていればまずポジショニングは失敗しない。

 

 

 

 

 


 

 

人間はいくら賢かろうが根本的には動物なのだから「強そう」「弱そう」という直感に基づく判断で人を選別し、そのカテゴリにふさわしい接し方をしていくもの。だからこそファーストインプレッションではその直感に上手く刺さる立ち回りをすれば結構簡単に上位に立てたりする。まずは"ナメられないキャラ"に自分が立つこと。そのあとから面白いキャラ、変態キャラ、優しいキャラなどをお好みで設定していけばいい。

 

 

 

だいぶ攻撃的な物言いをしていたかもしれないが、そんなものである。一度きりの人生なのだから、ナメられるよりは他人をナメる立場になるのも俺はありだと思う。自衛の手段として読んでいただければ幸いだ。

 

 

 

それでは。