俺多分ドラマの主人公

大瀬戸日舎(にっしゃ)

大学1年生。大瀬戸。このブログを読めば心がちょっとドラマチックになる。

刺激が足りないならYoutubeで不法侵入の動画を見よう

 

こんにちは。大瀬戸です。みなさまGWいかがお過ごしでしょうか。僕は友達がインスタのストーリーで「明日暇な人DM!」とやったのに24時間誰からも連絡が来なかったという話を聞いて爆笑して自分も友達募集したら同じ結果になりました。クソが....

 

 

 

 

 

 

それはさておき、この大型連休、刺激足りてますか?

休暇をフルに利用してアクティブにあちこち飛び回るように遊んでいる方はさておき、この世の大半の人々は家でこうしてスマートフォン片手にベッドで電子の海を探索しているのではないでしょうか。

 

 

もちろんそれは休暇の使い方としてはアリですしなんなら本当に正しい意味で休暇を取っていると言えるのですが、やはり家でごろごろしているだけではアクティブ成分が不足してしまいます。

 

 

そんな時にはYoutubeで不法侵入の動画を見ましょう。手軽にアクティブ摂取。

 

 

 

「は?どういうことだよ?」「意味が分からない」

 

言わせません。この記事を読んだからには不法侵入動画視聴を行ってもらいます。

 

 

 

 

 

と、いきなり動画リンクをぶちこまれてもなんのこっちゃという話なので、簡単に僕が紹介したい不法侵入動画、またそのクリエイターについての解説をします。

 

 

 

 

 

 

不法侵入動画界のマイケル・ジャクソン "on the loofs"

この世界は広いもので、超高層ビルへの不法侵入/登頂を動画にし、それをYoutubeにアップロードする有名な二人組がいます。彼らのチャンネル名はon the loofs。ただバカをやって再生数を稼ぐような僕の中学校の野球部のような連中ではなく、ちゃんとイカれたことをやって余計な編集も無く鮮度を保った状態でYoutubeに投稿する。正統派イカれYoutuberな訳です。ちなみに二人の名前はラスカロフとマカロフ。

f:id:climax_in_a_drama:20190501143250j:plain

on the loofs

f:id:climax_in_a_drama:20190501144401p:plain

彼らのYoutubeチャンネル

 バチバチに犯罪行為上げてんのに公認チャンネル。最高。

 

 

 

彼らの来歴を軽く調べてみたところ、二人は2010年にロシアのサンクトペテルブルクにあるボリショイ・オブホフスキー橋という橋を登っている時に出会ったという。

いやもう最初から不法侵入で出会ってんのかよ。

 

 

そして2014年、彼らは当時世界で二番目に高い建造物である未完成の上海中心という超高層ビル(650m)の登頂を行い、その時に収めた動画をYoutubeにアップしたことで世界的な知名度を得ました。彼らは登頂の半年前から計画を綿密に練り、建設業者が不在で警備が手薄になる春節の時期を狙ってタワーの建築現場に侵入するという徹底ぶり。

 

公開された動画を見て怒った中国当局は彼らに20年の再入国禁止を通告したのですが、偽名で活動している彼らは法律のスキマを縫って再入国。一年後にまた中国の平安国際金融中心(600m)というビルに登りました。どんな執念なんだよこいつら.....

 

 

 

さて、彼らのイカれ具合をある程度説明したところで、彼らを有名人たらしめた上海中心(650m)の登頂動画をダイジェストで紹介します。

 

f:id:climax_in_a_drama:20190501144411p:plain

イケメン

再生スタート。いきなりイケメンがこちらを向いている。目だけ出してイケメンて分かるのって相当だぞ。前世何したらこんな整った容姿で生まれんだ?善政(ぜんせい)か?

やかましいわ、くたばれ....

 

 

 

f:id:climax_in_a_drama:20190501144420p:plain

上海中心

こちらが今回のターゲット、上海中心。この日のために彼らは半年間準備をしてきました。

 

 

 

f:id:climax_in_a_drama:20190501144429p:plain

f:id:climax_in_a_drama:20190501144436p:plain

侵入

 

こっそり入るのかと思って見てたら普通に民衆の目があるところで唐突に壁登りはじめてワロタ。そこで捕まったらどうすんだよ。

ともかく侵入成功。あとは登るだけ。

 

 

f:id:climax_in_a_drama:20190501144553p:plain

f:id:climax_in_a_drama:20190501144601p:plain

f:id:climax_in_a_drama:20190501144610p:plain

階段をずんずんと登っていき、ひとまず休憩。この時点でもうおかしいし今キーボードを打っている僕の手に汗がにじみそうなのですが、彼らは余裕の態度。ビルに座るな。

二枚目を見てほしい。こんな光景、アニメかゲームか映画かぐらいでしか見られないと思う。人々のリアルが魅力を生み出すメディアであるYoutubeでこんな景色を見ることができるのは本当に楽しい。てかこれレインボーシックスシージに出てくる韓国マップの攻撃側のリスポーン地点にそっくりじゃねぇか。でもこっちは現実。

 

 

f:id:climax_in_a_drama:20190501144616p:plain

f:id:climax_in_a_drama:20190501144649p:plain

先を進む。もうこの時点でビルから降りて動画終了となるのかと思っていましたが、動画下のシークバー(今動画のどのへんかを見る赤いやつ)を見てください。まだあります。そして彼はどこか上を指差していますね。嫌な予感というか、まぁもう察することはできる。

 

 

 

 

 

f:id:climax_in_a_drama:20190501144659p:plain

は?

は?

 

 

足場がなさ過ぎるとかそういう問題でもあるんだけど、まず角度がおかしいだろ。上に向きすぎなせいで本当に上向きなのかわからん。これが下向きの通路ですよって言われたらまぁそれはそれでキモいけど納得してしまう。そんな道。

 

 

 

f:id:climax_in_a_drama:20190501144708p:plain

は?

彼らは登ります。どこまでも。

これ命綱なしですからね。「まぁ正直こんなところで命綱付けてミスって滑って六百何メートルでミノムシみたいにブラブラするぐらいなら死んだほうがマシじゃね!」みたいなメンタルなのでしょうか。命綱が邪魔だったり、付けないのがポリシーだったりするのかもしれませんね。いや付けろよ。死にてぇのか?

 

 

 

ここから彼らはさらに登ります。

 

 

しかし、その道は一筋縄ではいきません。命綱ないしな。

 

 

 

 

 

続きを見たい方は、こちらをどうぞ。2:46から見ればちょうど続きになります。

 

www.youtube.com

 

 

 

彼らは本当にイカれてる最高な二人組なので他の登頂動画もしっかりと投稿してくれています。こういう奴らって反社会的なアナーキズムに重きを置いてるのかなっていうイメージがあったんですけど、律儀に動画に残してるあたり勤勉な出来杉君タイプみたいですね。

いや、登杉君か........クソ......つまらん.....

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

一番下の動画についてなんですが、on the loofsの二人を含む4人組で上海のとあるタワーに侵入し、最上部のLEDモニタを乗っ取り「WHAT'S UP HONG KONG?」と表示させたものです。伊坂幸太郎の「砂漠」の西嶋かよ。マジでカッコいいな。

 

 

 

☆       ★       ☆

 

 

 

 

 

GWももう中盤。ダラダラし疲れた、でも動きたくない!という方は、彼らからアクティブ成分をもらいましょう。

 

それでは、また次の記事で。