俺多分ドラマの主人公

大瀬戸日舎(にっしゃ)

大学1年生。大瀬戸。このブログを読めば心がちょっとドラマチックになる。

作業用BGMには最強オシャレ音楽、Lo-Fi Hip Hopがおすすめ

勉強や仕事、その他作業などをする時に音楽を聴き流す人は多いかと思うけれど、好きなアーティストのアルバムを流し続けてもいずれは飽きが来てしまうし、人によっては歌声が気になってしまうということもある。

 

 

Youtubeで「作業用BGM」と検索すると

 

f:id:climax_in_a_drama:20190830123911p:plain

 

などがヒットする。洋楽邦楽垂れ流しのヒット曲メドレーも上位に出てくる。さらには[官能的な大人の音楽]まで出てくる。こんなん流したら作業にならねぇだろ。おっきしたら責任とってくれんだろうな。

 

 

 

正直言ってこの手の音楽は役に立たない。ヒット曲メドレーとかはまぁ好きな人にとっては良いんだろうけど基本的に作業には向いてない。カフェミュージックも良いとは思うけど俺は途中からカフェの会話の言葉を拾おうと耳が働いてしまって集中できなかった。100%俺のせいではあるが。

 

 

 

とにもかくにも、作業に向いている「のめり込まず聞き流せる」要素をしっかりと持った音楽は「作業用BGM」という検索ワードでは出てこない。じゃあどうすればいいのか。

 

 

 

Lo-Fi Hip Hopと検索すればいい。

 

 

 

 

Lo-Fi Hip Hop(ローファイ・ヒップホップ)とは


💤 [lofi / jazzhop / chill mix]

 

聴いてもらったほうが早い。こういうやつ。言うまでもなくオシャレ。かつゆるやか。

 

イケアで買ってきた家具で部屋を埋め尽くしてる奴が聞いてそうな音楽。

UNITED TOKYOの服しか着ない奴が聴いてそうな音楽。

冬の夜に最寄り駅から家までサカナクションのアルクアラウンド聴いて一人自分の世界に入りながら早歩きする奴が聴いてそうな音楽。

 

最後のは俺だ。まぁとにかく、そういうオシャレ音楽。Hip Hopと聞いてラップを想像した方もいるとは思うが、ほとんどの曲にボーカルは存在しない。そうではなく、この場においてのHip Hopとはそれが持つビート感や曲のループ感を指している。

 

 

Lo-FiっていうのはLow Fidelityの略で、Hi-Fidelityの対義語。Hi-Fidelityは「高再現性」っていう意味で、まぁ音質が良かったり音が綺麗だったり、アーティストの演奏をそのまま再現できてるくらい質が良い、的なニュアンス。

 

 

Lo-Fiはそうではなくて、少し歪んでいたり、音が汚かったり、質が低かったりする。劣悪な録音環境をディスったりする言葉としても存在する。ただここにおいてのLo-fiとは意図的に安っぽい機材を使ったり、雑音や不明瞭なサウンドを入れる、外しのような音楽という意味。

 

 

極端に綺麗な音楽は志向していない。けれどそれだけにぼく達の日常や心の腕元にすんなりとおさまって寄り添ってくれるようなサウンド。 曲調もおだやかで落ち着いているものが多く、Chillhopと呼ばれることも。(ChillとはChill outから由来している言葉で、『落ち着く、くつろぐ』などの意味)

 

 

で、これが作業に爆裂に向いている。確かにお気に入りの曲でテンションぶち上げて作業するのも良いかもしれないけど、そうすると結構疲れる。急に上がったものがそう長くは持たないのは何にでも当てはめることができて、テンションも例外ではない。

 

だからこそ、Lo-Fi Hip Hopでゆるやかに心を起こしてあげながら作業をすることをおすすめする。

 

 

 

 

おすすめLo-Fi Hip Hop

 

Youtubeには無数のLo-Fiがアップされているけど、やはり俺はこの二つを推す。

 

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com

 

 

この二つはどちらもYoutubeのライブストリーミングで無限にLo-Fiが流れている。他にもこれに似た動画はあるが、どうしても動画という形でアップされているため長くても2時間程度で終わりが来てしまう。しかしこれらはライブストリーミングなので終わらない。心とケツが持つ限り無限に作業ができる。偉大。

動画内には曲名も記されているためこれいいなと思ったらすぐに調べることもできる。偉大。

 

 

8月も終盤、もう9月に差し掛かろうとしています。これから始まる秋、冬。秋の夜長にも、雪降る日にも、作業をする時はこのLo-Fi Hip Hopと共にいかがでしょうか。

 

 

 

それでは。