俺多分ドラマの主人公

大瀬戸日舎(にっしゃ)

大学1年生。大瀬戸。このブログを読めば心がちょっとドラマチックになる。

背伸び

この夏、大学生はバキバキに本を読んで知識を付けて面白いやつになっていこうぜ

もう本当にお久しぶりです。 最後に記事を書いたのがいつか思い出せないほどに記事を書いていませんでした。 思えば4月にこのブログを作った時の俺は「毎日更新したろ」なんて威勢の良いことを考えてブログの概要欄に「大学一年生による若くホットな記事を…

キラキラ大学生という若者の虚なる理想

大学に入り、早二ヶ月が経過しました。新天地における新鮮味や浮足立つような感覚は平静に着地し、「いつもと変わらぬ日々」の始まりを感じます。 朝起きて大学に行き、講義を受け、講義終わりにサークルやバイト、趣味に時間を使う。それぞれが、自由に自分…

学びに楽しさを見出すことは最強であるということ

こんにちは。ついこの前大学入ったばっかだと思ってたらもう5月。 5月になると色んな生き物が姿を消します。ツイッターで新歓期に新入生にやたらリプ飛ばす上級生、顔も知らねぇのにやたらめったら同級生と繋がりたがる奴(だいたい男)、新歓の席で酒強い自…

自分に酔っていけよ。限界まで。

自分に酔う、というとなんだか嫌な印象を持つと思います。 ラーメンつけ麺僕イケメン、なんてまさにそれ。あれはネタと分かっているから笑いの余地がありますが、実生活であんなこと本気で言うやつがいればドン引きです。 日本人は特に謙虚なことで広く知ら…

暇すぎて渋谷駅周辺を歩いてる外国人に話しかけまくった話

こんにちは、大瀬戸です。 暇、というのは難しいものだと個人的に思っています。 普段あんなに「時間ができたらやりたいことしてぇな〜」と言いながら日々をつまづきながらも懸命に走っている僕などは、いざ時間を与えられるとどうしたものか、前からやりた…

出会いの重要性と、注意事項

僕が大好きな「深夜」という詩集にこんな詩があります。 人は 誰しもこころにくすんだ孤独を抱えている 雨染みのついた心臓は何を欲しているのか それは境遇を同じくした孤独との出会いだ 人生の交点に透明は宿る もちろんこんな詩集は存在しませんし僕が適…

意識高い系大学生がバカにされるのはおしゃべりマンの責任だ

この平成時代も後わずか。皆様、いかがお過ごしでしょうか。 令和時代の幕開けの前に、 平成時代が生み出したモンスター「意識高い系」 について考えていこうと思います。 その前に、「意識高い系」とはそもそも何者なのか、そしてそのワードの生い立ちにつ…